日々成長するcms

パソコンcmsはオープンソースという事を説明しましたが、cmsは有志によっていろいろなコンテンツが追加され続けています。そのため、現状のホームページに納得がいかないような場合には、必要なコンテンツを随時追加する事も可能となっています。ホームページは一昔前のホームページですとデザインが古臭くなるのはもちろん、いろいろと操作性に不満を持つようになってしまいがちです

これまででしたらホームページを根本的にカスタムするような場合には、どうしても期日もかかりますしお金もかかっていたのですが、cmsの場合には、最小限のカスタムで完了しますので、アンケートフォームの追加のような簡単なカスタムでしたらすぐにできてしまうケースもあります。

またcmsの中にはスマートフォンでアクセスしたらスマートフォン用のページが表示され、パソコンからアクセスすればパソコン用の画面が表示されるようなアクセスした端末によって適したページを表示させる振り分け機能があるものもあります。また、最近では海外からのアクセスに備えて、トップページから日本語以外の言葉に翻訳したページを表示させるカスタムなどをほどこしているcmsも増えて来ています。利用している方にとって自由にカスタマイズできるのは大きなメリットだといえます。

cmsの設置メリット

電卓cmsを導入するメリットとして最も大きいのは、やはりコストの削減になると思います。一般的なホームページの場合、社内にエンジニアがいなければ外注している制作会社に都度依頼する事になります。契約内容によって料金は変わりますが、会社から他社に依頼するのは当然ながらボランティアではありませんから、当然ながらお金がかかります。この部分をcmsを導入する事によって0円にする事ができるのです。

もちろん有料のcmsを購入する場合には、初期投資費用がかかってしまいますが、トータルで考えてもコストパフォーマンスは高いと言えます。ほんの少しHTMLやcssの知識があれば、ある程度の基本的なcmsは設置する事ができますので、社内エンジニアでも十分に対応する事ができます。

また、cmsを導入するという事は、会社の公式ホームページを更新する際に、余計な手間や時間が必要ありません。ホームページを更新しようと思ったら、これまででしたら外注に依頼しなければいけない所、自社スタッフで更新出来てしまいます。ですから、依頼内容をまとめることや、依頼している会社の作業を待つような事もありません。非常にスピーディーに、しかもローコストでホームページを運営できてしまうのがcmsなのです。

cmsができること

画面cmsができる事といえば、やはりホームページの作成になります。より簡単により見栄えよくホームページを作成する事ができますので多くの方が取り入れています。また、cmsで作成したホームページは、いろいろな種類のある無料ブログのように、簡単に更新する事ができてしまいます。cmsがオープンソースという事もあり、フリーのcmsからかなり使い勝手のよいようにカスタマイズされた有料のcmsまでいろいろな種類があります。

あまりHTMLやcssの知識がないという方の場合には、無料のcmsではなく、できれば有料の使い勝手のよいcmsを導入すると、初心者でも利用しやすくなっていますのでおすすめです。また一般的なホームページよりも利用しやすいからといって、全く知識がないままでチャレンジすると失敗してしまう事もあります。そのため、全てを自社で設置しようと思っているのなら、有料のcmsを購入するのはもちろんの事、多少高かったとしても設置サポートをはじめとするサポートがあるcmsにするべきです。できれば設置するサーバーを紹介してくれたり、FTPのソフトなどを紹介してくれているようなマニュアルであったり、サポートなどがある方が設置の際にトラブルなく行う事ができますのでおすすめです。

cms(コンテンツマネジメントシステム)が選ばれている理由

ウサギ最近、自社のホームページをcmsで制作している会社が増えて来ています。このcmsとは、content management systemの頭文字をとった略称で、日本語に直すとコンテンツマネジメントシステムになります。このcmsがどのようなものなのかというと、ブログのページを作るような感覚で簡単にホームページやポータルサイトを作ることや、完成したホームページやポータルサイトを管理する事ができるシステムになっています。

cmsが登場するまでのホームページといえば、ディレクトリの構造などはもちろん、HTMLやCSSなどの知識が必要になっていたので、専門の知識を持っている人しか作成する事ができませんでした。社内にサイトを構築することができるエンジニアがいれば対応してもらうことができたのかも知れませんが、社内にそういった技術がない場合には、ホームページなどを製作している会社に依頼して作成してもらったり、新しいページを更新してもらったりなどしていました。

2005年以降は、こちらのcmsが簡単に利用できるようになったため、既存のホームページからcmsで構築する会社が増えてきました。最近では、個人の方の多くの方もcmsによるホームページを構築、更新されています。既存のホームページに納得していない方や、ホームページにかかる経費を削減したいという方は、ぜび、こちらのページでcmsの魅力について確認してみてください。